絶対禁止、完治までの性行為

包茎手術は、今非常に楽に受けることができるようになって来ているとは言えペニスのメスを入れる外科手術と同じですから術後の体調管理や自己管理、衛生管理などを甘く見てはいけません。
折角いい処置を受けたのに、そのあとが適当だと最悪重い合併症を引き起こしてしまうこともありますからね。
そんなことにならないように、特に包茎治療を受けた後1週間程度は神経質になれとまでは言いませんが、ある程度細心の注意を払って行動した方が自分のペニスのためだということです。
包茎治療を受けた後の経過というのは、個人差がありますが完治するまでの期間はおよそ1カ月程度だといわれていますね。
しかし、その間でも特にケアをしたりすることは勿論禁止行為というのを忠実に守りましょう。
まず、特に1週間のうちで守らなくてはいけないのは絶対に性行為はしてはいけないということです。
これは、包茎治療を受けた後でも必ず言われることですが痛くないからと言って性行為をしたりしないこと。
セックスは勿論のことなのですが、オナニーもまた同様にペニスへの刺激が強くなりますので絶対にやってはいけません。
1ヶ月間オナニーを出来ない、というのは中々男性にはつらいことかもしれませんがこれを守らないとペニスの縫合をしたところから傷口が開いて出血してしまうことがあるんですね。
1ヶ月間禁欲生活、というのはなかなか大変なことだと思いますが包茎治療には必ず付いて回る代償なのです。
寧ろ、そう言った心構えができていない人は包茎治療を受けるべきではないでしょうね。
1ヶ月間、本気で性欲と無縁の生活を送るんだとしっかりと心の準備をしてから包茎治療を受けないと、ついつい我慢できなくなってしまって…なんてことになってしまうこともあります。
実際、ペニスの傷口が開いてしまうとかなり痛いようですから折角無痛治療を受けたのにも関わらず後で痛い思いをしてしまうなんて勿体ないですよね。
禁止事項は必ず守るようにしましょう。

  « 前の記事: を読む