包茎手術後のお風呂について

包茎手術の後は、経過次第でいろんなことが普通に出来るようになるのですがやはりそれまではアフターケアなどもしっかりと自分でしなくてはいけませんね。
特に、術後から1週間程度は包帯を毎日替えたり消毒をしたりして感染症を起こさないように気をつけるなど入念なアフターケアが必要になってきます。
一日くらいいいだろう、と軽い気持ちで適当にやっているとペニスは敏感なところですから、ただでさえ包茎手術をして傷が入っているのに放置したりすると合併症を起こしてしまうこともあるんですね。
普通は、外科手術を受けた後は病院に入院して衛生管理なども病院側が全てやってくれるのですが、包茎治療というのは処置の後は入院の必要がありません。
しかし、入院してないからと言って処置の後は何もしなくてもいいというわけではありませんからね。
病院側がしてくれるわけではないので、自分でしっかりと管理をするようにしましょう。
また、包茎治療の後で気になってくるのはやはり入浴などではないでしょうか。
医院によって規定が違ったりして、中には処置を終えた当日からもシャワーは普通に浴びてもいいというようなところもありますね。
しかし、やはりシャワーを浴びたりするのも水に濡れたりしますから出来ればある程度状態が落ち着くまで待った方がより安全だと思います。
目安としては、およそ処置から1週間ないし2週間程度でシャワーを浴びることができるようになってくるようですね。
それまでは、蒸しタオルなどで体を拭いたりするようにして体を清潔にしておいた方がアフターケアの効果も高くなるようです。
勿論、シャワーを浴びる時はしっかりと局部を防水したりしなくてはいけないのでいきなり裸のままシャワーを浴びたりするようなことは避けた方がいいでしょう。
刺激もありますので、局部にはシャワーがかからないようにするなど気をつけて浴びることがより安全なアフターケアにつながっていくことかと思います。

  « 前の記事: を読む