包茎手術後のアフターケア

包茎手術は、処置を受けること自体はその日のうちに1時間前後で済むわけですからそれほど大変ではないのですが、大変なのは寧ろ術後のことなんですね。

包茎治療は、終わった後はそのまま帰宅してもいいので入院をすることはないのですが、その点アフターケアなどは自分でしっかりとしなくてはいけない、ということでそのあと完治までの自己管理などが結構大変なんです。
特に、性行為などは勿論のことなのですが入浴などについても制限がかかってくるので、ここは特に気にしなくてはいけないところです。
医院によって、どの程度の期間でシャワーを浴びたり入浴可能になってくるかというような期間は変わってくるのですがおよそ3週間から4週間程度でお風呂に浸かる事が出来るようになるようです。
それまでは、包帯を毎日取り換えたり毎日消毒をしなくてはいけなかったりと結構自分でやる事が多かったりして大変なこともあるんです。
主に、こういったアフターケアが大変な期間というのはおよそ3週間くらいになってくるのですね。
しかし、3週間程度してお風呂にも入れるような期間になって来ると包帯を外してもよくなったり消毒が必要無くなって来たりすることでだいぶ制約が無くなってきて殆ど自由な生活を送る事が出来るようになるのです。
しかし、こういった時期に入るまでというのはかなり入念にやっておかないと処置を終えた経過があまり良くならなかったり、治るまでの期間が長くなってしまうことがあるんです。
お風呂や自慰行為なども我慢しなくてはいけないなど、普段あたり前のようにしていたことに対しても制約がかかってくるので、大変なことではあるかと思いますが二、三週間の我慢なのでしっかりと自己管理しながら守っていきましょう。
その期間は、特に包茎治療の後で気をつけなくてはいけない期間になりますので努々油断してしまったり気を緩めて制約のかかったことをしないように気をつけて生活を送っていきたいところですね。

  « 前の記事: を読む